ここだけの話。

ここだけの話。

音楽、本、その他いろいろな記事を書いているつもり。

好きな漫画のシーン『Pumpkin Scissors』好きじゃない、愛してる

くさいタイトルではじまってごめんなさい。

漫画紹介の記事にしてもよかったんですが、あるシーンをとにかく強調したかったので

「好きな漫画のシーン紹介」という、非常にコンパクトな記事にすることにしました。

 

Pumpkin Scissors あらすじ

少しマイナーで知らない人も多いと思うので、一応あらすじを紹介。

それは、戦災という名の“もうひとつの戦争”!!

帝国陸軍情報部第3課、“復興”を担うモノたち。通称PumpkinScissors(パンプキン・シザーズ)!!

永き戦乱により荒廃しきった帝国各地。停戦後の3年間を奔走(ほんそう)するパンプキン・シザーズだが、なかなか成果は挙がらぬまま……。

しかしある日突然現れた、大重量の単発拳銃を片手で操る“巨漢の復員兵”が、この国の《運命》を変えていく――!!!! 

 「戦災復興」のために動く部隊と、突如その部隊に配属になった一人の男の話です。

 

Pumpkin Scissors の超名シーン

マルヴィン少尉がテロリストと交渉中、突如通信要請が来ます。

申請元はマルヴィン少尉の部下、オーランド伍長。「どうしても伝えたいことがある」とのこと。

f:id:pump9015:20171028191225j:plain

デデドン。

 

この通信で使っている回線、実はテロリストが乗っ取った国の回線なんです。

テロリストの操作により、国中のスピーカーでこの通信が流されています。

テロリストはもちろん、全国民がこの通信を聞いているわけです。

 

f:id:pump9015:20171028191504j:plain

f:id:pump9015:20171028193726j:plain

マルヴィン少尉、困惑。

ところが一転、今度は「好きではない」と言い出すオーランド伍長。

 

f:id:pump9015:20171028193819j:plainf:id:pump9015:20171028193832j:plain

そしてこれだ。

見開きでこれはヤバイ。はなぢでそう。

 

ただの恋愛にさせない、一歩先に行くのがこの漫画。神聖さすら感じてしまう。

決して「好きっていうレベルじゃない、愛してるよベイビー」という意味ではない。『好きという感情とは違う』のだ。好きと愛してるは完全に別物なのだ。

「男女の好きではない」というのがポイント。家族愛とか隣人愛とか、それら全てを含めたものが愛だ。

 

...どうでしょう。僕の感動が伝わるでしょうか。

ちなみにこのシーンのすぐ前に「正義の本質」をテーマにした演説的なものがあるんですが、それも鳥肌ものです。ぜひ読んでみてください。

 

Pumpkin Scissors、おもしろすぎる

この漫画は愛と正義の真実をテーマにしています。

巷に溢れているような薄っぺらいものではなく、もっと哲学的で広い意味での、深く考え抜かれた愛と平和。

とにかくハマる人にはドハマりします。人生観変わりますよ。

 

読めば読むほど作者の思考の深さがわかりますね。賢いんだろうなぁ。

おしまい。

 

今回紹介したシーンは、単行本21巻に載っています。